KAORI

TOP プロフィール ハガキ絵 ギャラリー1 ギャラリー2 バンド HOME


『ビジュアル系バンドのこれまでのお話』


1.『登場』

 80年代後半からブームになったビジュアル系バンド。

 まず登場したのは、BUCK−TICK、XJAPANとかが登場。

 90年前半からはZI:KILL、LUNA SEA、黒夢、GLAY、ラルク・アン・シエル、SOPHIA、

 SIAM SHADE、Eins:Vierなどが登場。

 その頃、ZI:KILLの姿が見えなくなった。

 96年には、Media Youth、PENICILLIN、ROUAGE、Laputa、Dear、CASCADE

 などが続々登場して行きました。





2.『ビジュアル系四天王現る』

 97年に来るとラクリマクリスティ−、MALICE MIZER、FANATIC◆CRISIS、SHAZNA

 と言った4組が登場し、Plastic TreeやGUNIW TOOLSにFELL、そしてマスケラもメジャーデビュー。

 その頃、XJAPANが解散し、LUNA SEAは活動休止。

 また、ラルク・アン・シエルのドラマーでもあるSAKURAが覚せい剤を持っていたことで逮捕されたため、

 ラルク・アン・シエルの活動は休止になる。





3.『hideがこの世を去って…』

 98年には、LUNA SEAが復活し、ラルク・アン・シエルも新ドラマーのYukihiroが加わり、

 新生ラルクとして復活する。

 そして、sexMACHINEGUNSやD+SHADEがメジャーデビューしましたが、

 史上最悪な出来事が起きたのです。

 それは5月2日、元XJAPANのhideが突然の事故により死んでしまったのです。

 後に、Blue、Lastier、Galla、ALL I NEED、イルミナ、ジュビア、PIERROTなどが登場。

 後にMALICE MIZERのボーカルのGacktが失踪していた。





4.『まだまだデビューしてくるバンド』

 99年には、Dir en grey、TRANSTIC NEAVE、ニアミス、雫―shizuku―、SOLID、

 CLOSE、Janne Da Arc、BAISER、ラレーヌなどが登場し、

 そしてGacktがソロ活動を開始していたが、去年と同じ出来事が突然起きた、

 今度はMALICE MIZERのKamiが突然の急病により死亡していた。

 その後には、Raphael、LUCA、リュシフェル、BLUE−B、ゼリ→、MELODY

 と言ったバンドが次から次へとメジャーデビュー。

 また、清春が率いるSADSと元ラルクのSAKURAが率いるZIGZO、

 PENICILLINのHAKUEIとMedia YouthのKIYOSHIのユニットMACHINEも登場した。

 こうして、色々なビジュアル系バンドが登場していきました。





5.『解散の連続、その先には…』

 2000年ごろには、e.muやCLOUDがメジャーデビューした後、更なる出来事が待ち受けていた。

 それは、FELL、マスケラ、D+SHADE、SHAZNA、BLUE−B、Galla、ALL I NEED、

 イルミナ、ジュビア、GUNIW TOOLS、CLOSE、Eins:Vierとかが解散して行ったのです。

 まだまだ去年に続き、10月31日にはRaphaelの華月が何かの事故で死亡したことがわかった。

 そしてLUNA SEAも解散し、ROUAGEやDear、

 そしてSOLID、ニアミス、雫―shizuku―、MELODYの姿が

 解散したかもわからないまま見当たらなくなり、

 後にメジャーデビューしたばかりのCLOUDと99年にメジャーデビューしていたラレーヌの姿も消えていた。

 そんな時、Wyseと言うバンドがジャーデビューをして行き、20世紀は終幕する。





6.『21世紀が始まって』

 21世紀が始まると、MALICE MIZERに新ボーカリストのKlahaが加わりMALICE MIZERは復活。

 また、元XJAPANのPATAとHEATHが率いるバンドDope HEADz、

 元RaphaelのYUKIとHIROが組んだユニットrice、

 元sexMACHINEGUNSのSYPANが居るユニットDASEINが登場していた。

 その頃、Lastier、LUCA、Raphael、BAISERが解散。

 後にSIAM SHADE、Blue、リュシフェル、ZIGZO、SADS、e.mu、CASCADE

 までも解散して行きました。

 そこで登場したのはDASEIN、FAIRY FORE、犬神サーカス団、陰陽座、カリガリ、サイコ・ル・シェイム、

 ムック、カリガリ、ナイトメア、Kagrra、雅−Miyavi−、バロック、ガゼット、DAIGO★STARDUST

 などがメジャーデビューして行き、後にLaputaが解散、カリガリやDASEIN、バロックの活動も長く続かず解散。

 そして今、韓国出身のバンドTRAXも登場。





7.『残っているのは』

 今でも残っているのは、BUCK−TICK、GLAY、ラルク・アン・シエル、SOPHIA、PENICILLIN、

 ラクリマクリスティ−、FANATIC◆CRISIS、PIERROT、Dir en grey、

 Plastic Tree、sexMACHINEGUNS、TRANSTIC NEAVE、Janne Da Arc、Wyseぐらいで、

 いつ解散するか待ち遠しくなりそうです。





8.『紹介されなかったバンド』

 本文で紹介されなかったのは、ラムール、AMADEUS、ギルト、Lady、リゼノア、Lamiel、ラブ・ラ・ドール、

 Lemon−Glass、Madeth grey‘ll、カナリヤ、オルフェ、ミッシング・ティアー、メリュジーヌ、VILUS、

 フォービア、7seven、Kein、Flare、エルドラード、NALSIST、ダビデ・シト・アール、SPEED−ID、

 NOi‘X、Neil、シンシア、OZWARLD、MIRAGE、Missalina Rei、Eliphas Levi、JILS、

 アリエ・ネ・マリアージュ、美流沙那、ANGEL DUST、Vella Donna、デザビエ、AZALEA、S、

 ヴィドール、JE REVIENS、STELLA MARIA、賛美歌、Due‘lu quartz、Remage

 とかはインディーズのみなので話題にはしなかった。

 また、Sleep My Dear、バレンタインD.C.やNA−ZE?、KnewKlid Romance、

 Kill=Slayd、Merry−Go−Round、FAME、CLAZE、ENDLESS、Zillion Sonic、

 R‘OSE、Romance For〜などは紹介されませんでしたが、もちろん解散している。

 CLAZEは未だに解散不明のまま。





9.『ROUAGEの行方』

 解散不明のROUAGEは、96年の頃メジャーデビューをして、インディーズの頃は5人だったが、

 何かにより脱退した方が居て、4人組としてメジャーデビュー。

 後にまた5人になったのが、新しく加わった方が突然の脱退。

 結局4人で活動を続けていましたが、しかし、2000年頃には脱退した方や引退した方がいたので、

 21世紀が始まる寸前、姿を消したバンドとも言え、

 こうしてROUAGEと言うバンドを見た方は誰一人居なかった。





10.『HIBIKIが既に歌手を辞めていた』

 D+SHADEでさえ、98年にメジャーデビューし、2000年ごろ解散。

 かなり短い活動と言えたが、ボーカルのHIBIKIはバンド解散後、

 すでにレーシングドライバー選手になっていたのです。

 詳しい話によると、彼が本当にやりたいことは、歌手ではなくレーサー選手。

 実を言うと、HIBIKIは歌手よりレーサー選手になるのが子供のころからの夢なので、

 歌手を辞めた理由をその一つ。

 と言ってもHIBIKIが歌手を辞めてたなんて、物足りない気がする。

 だってHIBIKIがレーサー選手になったこと、誰も知らないよね。

 ちなみにギタリストのKENはまだまだ音楽活動をしていて、後の2人は何をしているかは分からない。





11.『どこまでも変わり果てるsexMACHINEGUNS』

 sexMACHINEGUNSは初期から4期まで活動中。

 初期メンバーはANCHANG、SUSSY、NOISY、SYPANの4人。

 ある日突然、SYPANが体調を崩して脱退。

 2期からは、HIMAWARIが新メンバーとして加入。

 21世紀が始まると、今度はSUSSYが突然の脱退。

 後にSUSSYを見た方は誰一人いなくなり、彼は行方不明者となった。

 そして3期、PANTERと言う名の者が加入し、sexMACHINEGUNSの活動は続きましたが、

 2003年には解散と思ったら、今度は4期で復活。以前脱退したSYPANが戻ってきて、

 カリガリのベーシストだったKENJILAW(村井研次郎)が新メンバーとして加わった。

 後に、脱退していたNOISYとHIMAWARIが元リュシフェルのYUKIと共にバンドを組んでいた。





12.『解散したLUNA SEAの今後活動』

 LUNA SEAの今後活動については、RYUICHIは河村隆一としてソロ活動。

 SUGIZOは元レイジーナックの香月優奈と共にユニットを組んでいて、ユニット名はThe FLARE。

 INORANは元オブリビオン・ダストのボーカルの方とユニットを組んでいる。

 JもRYUICHI同様に、ソロ活動をしている。

 真矢の今後活動は未だに不明。

 今後、色々なビジュアル系バンドがまだまだ登場する事をご期待したい。








2style.net