職場は新しい命の誕生の場

かつて日本では、自宅で出産をし、「産婆さん」にとりあげてもらうケースがほとんどでした。その昔の産婆さんの仕事を行うのが助産師です。
助産師は、近年の産婦人科の縮小と共に、非常に重要な人材として必要とされています。 「生命の誕生に立ち会う」ことは、助産師という仕事の最大の魅力かもしれません。

助産師の仕事と内容

ちょっとかしこまった話になりますが、助産師の定義に、「厚生労働大臣の免許を受けて、助産または妊婦、じょく婦若しくは新生児の育成を行うことを業とする女子をいう」とあります。そう、この定義からもお分かりのように、助産師は「女子にのみ許された職業」なのです。

助産師は、思春期の女子から中高年の女性までを対象に、女性のライフスタイル全般での指導や援助を行います。
中でも一番メインの仕事は、妊婦の指導・相談、産後の援助、じょく婦や新生児の観察・指導などです。「へその緒を切る」ことや、「妊娠の診断」「臨時の応急手当」も 助産師が独自で行うことが認められています。

その他、最近では夫婦への家族計画の指導相談など、仕事の幅はますます広くなってきています。

助産師になるためには

助産師になるにはまず、看護師国家試験に合格しなければなりません。
看護師になってから1年間助産師養成施設に進学し、国家試験に合格して、初めて助産師になることができます。

4年生の看護大学の場合は、学生の間に助産に関する科目を履修すると受験資格を得る事ができます。



ECO
2style.net