2style.net

仏教の教え

ロゴ
TOP
歴史的起源

仏教の教えは、歴史的には約2600年前、インドでお釈迦様によって説かれたものが 経典(いわゆる経・お経)として編纂され、その後、中国から朝鮮半島を経て、日本に伝わりました。
悟りを求め戒律を守って修行する道を選んだ高僧・僧侶は印度・中国・日本と数多くあります。
その後、神道が優勢だった日本に聖徳太子が仏法を広められたのは、よく知られた事実です。
鎌倉時代には浄土真宗に代表される浄土仏教が広まり、現代の日本では主流となっています。

今日、ユダヤ系宗教(神を主体とする宗派でキリスト教やイスラム教なども含む)と並んで世界の二大宗教の一つに数えられています。

日本の仏教

日本でも地獄絵図や極楽浄土絵図、お寺や葬式などで日本人には大変なじみの深いものとなっています。
またあまり知られていませんが、日本で使われている四字熟語には仏教由来のものも数多いのです。

現代への影響

禅(ZEN)や瞑想が欧米でブームになったり、人間の姿を赤裸々にした三毒や心の流転輪廻は心理学的側面からも見直されているなど、釈尊の言葉は現代の人々にも強いメッセージを訴えかけています。
また、お経に説かれる縁起の法から来る無常の世界観や宇宙観は、現代科学者にも影響を与えているそうです。仏像や寺院建築に心引かれる人も多くあります。

人生の最後、死の間際に死後が気になり、死んだらどうなる、と仏の説かれる死生観を学び始める人や、 慈悲の心に胸打たれる人も多く聞きます。

このサイトでは、そんな仏教の教えの基本からお伝えしたいと思います。

プロフィール

プロフィール画像

京都のある大学で仏典を学ぶ22歳。 深淵な哲理に日々感動しています。