▼連作  ▼中・長編  ▼短編  ▽お題挑戦   ▲戻る

 


 魔術師たちの記録 −世界を書き記すこと−
青い竜の話 − 「聞いてたろ? 竜を見たんだよ、俺は」

君想い − 時々思い出すのよ。忘れっぱなしじゃあの子がかわいそうだから。

時を止める水 01 02 03 (完)
  バルディさんは手品のように草の葉を取り出した。さっき僕が花壇から抜いた草だ。
 「せっかくだからもうちょっと君の意見を聞きたいんだけどな」
 「僕もバルディさんの魔法を見たいよ」

Blue Bird 01 02 (完) − 「……魔法持ちって損だよ。俺なんか凄く中途半端だし」

沖へ − わかっている。わたしとおまえが、いちばん、さいご。


 異世界旅行記 −少し奇妙な日々のこと−
囚われの記憶 01 02 03 (完) − 彼女は、誰かに似ている。――誰に似ているのだろう。

誓約の使者 (完)
  猫の長い髭がそよぐ。少し顔を前に乗り出すようにしたので、キイは思わず姿勢を正して頭を引いた。
  猫が目を瞬いた。どこか面白そうにもう一度尾を揺らし、おもむろにその口を開く。
 「――主(ぬし)、魔法は使えるかね?」

一章 01 02 03
二章 01 02 03 04 05 06 07 08
三章 01 02 03 04 05 06
四章 01 02 03 04 05 06 07 08
五章 01 02 03 04 05 06
六章 01 02 03 04 05 06
七章 01 02 03 04 05
八章 01 02 03 04
九章 01 02 03 04 05 06 07
十章 01 02 03 04
十一章 01 02 03 04 05 06 07
終章 01

特別番外編 鳥の子の巣 − 「――結婚しようか」


 亡霊と愉快な仲間達 −目指せ一般市民!−
深夜の行き倒れ / 借金手形の向こう側 / 善良なる魔法使 / 失せ物拾い物 / 前途多難 / 歌う隣人 / 人外生物の事情 / 増える同居人 / 幻の茸とは / 冷血動物のホンネ / 平和の鳥が運んできたもの / ...

番外 / 聖なる夜の過ごしかた / Trick or Treat ... ?


 
中・

純白の宴 01 02 03 04 (完) − 「暇つぶしに付き合ってやろう」

玉響 01 02 03 04 05 (完)
 「誰かのせいで人が死ぬなんて事はないんだ。神様はそこまで意地悪じゃない」
 「いないよ……神様なんて」
 「いるよ、多分。目に見えないだけで、きっとどこかにいるんだよ」

泪幻の城 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 (完)
 「――人を、探してるんです」
  あらかた空になっている皿に落とされた目を瞬き、僅かに逡巡した後に顔を上げる。
 「もしかしたらあなたが、ご存知かと思って」

狂華 00 1-1 1-2
 ――償いの意味なんてない。
 強く、靭く、あざやかに、狂い咲く。


 


ゆめ、まぼろし − 竹を背景に、その人は空き地の真中にただ立っていた。

鞠飾 − 「もういくらもせずに新年だと思ったが、私の気のせいか?」

星の夢 − 「――そう言えばさ、俺昨日変な物拾ったんだ」

黒猫を拾いました − 日本の大晦日といえば年越し蕎麦と除夜の鐘と第九である。

雪霞 − 寂しくなんかないけれど――君のいない景色は、何だか空虚だよ。

蒼送 * − そうして私はやわらかに落下する。魂を吸い込むような蒼の中を――

世界は単純にできている − 「お前が俺を超えられるはずがねェんだよ。身の程知らず」

手の鳴るほうへ − 「そうだ。日常のささやかな刺激。いい言葉じゃないか」


 
お題挑

 【変わっている言葉で100のお題】 −挑戦中−
001. その一歩がゆるゆると
002. それこそ人とは曖昧なもので
003. 砂の海に抱かれたい
004. 故に、希望
005. 果てをみた。
006. 今目の前にいるものは
007. 陽の光に妬かれる
008. 長き季節は壊れた
009. なんとも不思議なことよ。
010. そのてはつくりもの
051. おうととつ
052. 明くる日そのひ
053. 涙の上辺
054. おいしく食べよう
055. 歴史に光
056. ここに、眠ってる。
057. 霧に紅く
058. 復活してみたい
059. 言うということは、辛い
060. 花こそ華だ。
011. 沖に嘆く
012. 涼やかで残酷
013. 魂からほどけてしまえ
014. なるほどと理解したように
015. いしの宝石
016. 掴めば、形成された。
017. おろすまでは
018. 肩口に、願い
019. ふうっと吹けば
020. 相変わらずも尚。
061. かかか。えええ。ううう。んんん。
062. おぼゆ、魚
063. ため息があくびで息を吸う
064. つまり、喜び
065. めくるめく沙漠の波
066. 可愛いは化け物
067. かげろうにたそがれて
068. 移し身移動
069. 私は歩いた。そして
070. 金という音
021. そのこころに、じゅう。
022. 目の奥の摩天楼
023. 空がとんだ
024. 冗談こそ真実
025. ああ、ああ。
026. 秋の和やか
027. さすれば、死ぬ。
028. 森が叫ぶ
029. うん、かみさまはいない。
030. 人の幻
071. 言葉がほろほろと
072. 泳げば走る
073. 突き抜ければ往く
074. なんというか、だからこそそれは。
075. ようやく透き通る
076. 時に君は恐ろしく
077. 髪に愛おしい
078. 眺めていれば不安は滅び
079. まるで人。
080. 穀雨降り止む
031. 時がなくなる
032. 音がいて、音が
033. ほら、そこにいる。
034. 涼風の季節
035. そして、かろやか。
036. 足におびえる
037. いきもの、よきもの
038. 春が寒い
039. しじんはかたらない
040. 祈りは星に
081. なきごえに誘われる
082. 岸はほとほと困り果て
083. 虹は百色
084. 宙を舞って、宙に踊る
085. 草だらけの昨日
086. ぬいぐるみさん、アリガトウ。
087. わけがないよ
088. 雫に安堵
089. 微かに確かに
090. 冬が暑い
041. あかないものは
042. 変わりやすい今
043. くるくるとまる
044. 夏の柔らか
045. ずっと、そしてずっと。
046. 浮遊して富裕して
047. 夜が切ない
048. たどり着けば、あなた
049. 雲という世界
050. 明らかに包まれた
091. いや、それ以前にそれはそれで。
092. 高らかに吼えよう
093. むしを無視
094. 泣かぬ月はまどろむ
095. 稀有にして、堂々
096. 穴に入ったら、もう
097. せいりょうなる君
098. 恍けて流離う
099. 天にいるんだ
100. 終わりと思えば終わりだろう

配布:【変わっているお題配布所】


 【創作家さんに100の題名】 −挑戦終了−
話が全部繋がっています。上から順にどうぞ。

001. 青猫は始まりを望む
002. 灰色の証
003. 閉ざされた大地
004. 恋人は果てを目指す
005. ささやかな呪文
006. 風を呼ぶ絵描き
007. お茶会は精霊と共に
008. 来訪者は虹を招く
009. 鐘は八重に響き渡る
010. 通りすがりの聖職者
051. 片翼の時計台
052. 道連れは記憶を探す
053. 笛吹きと吟遊詩人
054. 幻の亡骸
055. 店主は淡く輝きを纏う
056. 思い出の守り人
057. 約束が窓を叩く
058. 哲学者の帰り道
059. 道化師は丘にたたずむ
060. 受け継がれた雨
011. 神の記録書
012. さかなたちの昼下がり
013. 有閑なる占い師
014. 発明家に捧げる星
015. 黎明のかけら
016. 旋律を捨てた歌姫
017. 四季のたまご
018. 封じられた箱
019. 生まれなかった世界
020. 氷鏡は過去を映す
061. 夕暮れを追う少年
062. 湖に沈む未来
063. 流れていく砂の行方
064. 英雄は柩の隣で
065. 鍵束を持つ隠者
066. 透き通る骨
067. 凍える闇を越えて
068. 願い人は針を止める
069. 許されない優しさ
070. 嵐が去る前に
021. 咲き誇る緑
022. 木漏れ日と踊る少女
023. 水の中の太陽
024. 予言者は長い旅の途中
025. 降り続く町
026. 罪人は金の火を灯す
027. 切り取られた午後
028. ひび割れた三日月
029. 鈴なりの秘密
030. 硝子細工の海
071. 小人は古い文字を綴る
072. 雪にひそむ毒
073. 水晶庭園
074. 待ちわびた支配者
075. もう一つの名前
076. 冠は静寂の底深く
077. 水色の辿り着くところ
078. 銀の瞳の伝承者
079. 夜はまだ癒えない
080. それはこの上もなく
031. 石に宿る嘆き
032. まどろみの迷い人
033. 博士からの贈りもの
034. 落ちてきた使者
035. 十字架の森
036. 死神たちの憂鬱
037. 地図に残る廃墟
038. 天へ至る階段
039. 孤独人は雲のほとりで
040. 紫の花を集めて
081. 終わらない奇跡
082. 祈りの声は彼方まで
083. 白い館の九代目
084. 運命の輪は揺れる
085. 最後の種を抱いて
086. 永遠を知らない国
087. 眠りの城
088. 囚われの魔王
089. 五人の勇者の物語
090. 塔に冷たい涙は満ちて
041. 街外れの人形の家
042. 遠くで赤い鳥が鳴く
043. 光を囲む七賢者
044. 背信者の遺品
045. ほんとうのはなし
046. 書架迷宮
047. 彷徨える案内人
048. 歩いていく影
049. 黒い帽子の魔術師
050. 六行の手紙
091. 禁じられた薬
092. 番人は仮面をかぶる
093. 忘れられた王
094. どこかにある扉
095. 双子たちの再会
096. 楽園に棲む幻術師
097. 空が泣いている
098. 消えることのない夢
099. いつか見覚えのない場所で
100.          .

配布:【創作家さんに100のお題】


2style.net