外国為替とは

外国為替とは、ドルと円、円とポンド、ドルとポンドなど、異なる通貨を交換することです。
日本の円、アメリカのドル、イギリスのポンド、ドイツのマルクというように、世界の国々は、それぞれ自分の国内で流通する通貨を所有しています。
それらの異なる通貨を交換することが、外国為替なのです。
「為替」とは「交わす」「交わし」ということばから来ていると言われています。
外国為替とは、お金とお金を、売買したり取り引きして、交換することなのです。
通貨を交換することは、商品を買ったり売ったりすることと似ています。 すなわち外国の通貨を商品に見立てて、その商品を日本の円で売買するわけです。 日本では、ドルと円の交換レートを、円相場といいます。
円で表示されたドル相場と考えれば理解しやすいかもしれません。
イギリスでは、ポンドで、ドイツでは、マルクで、スイスでは、スイス・フランで、それぞれドルを売買していますので、ポンド相場、マルク相場、スイス・フラン相場と呼ばれています。

円高・円安とは?円高・円安とは?

円高とは、例えば、1ドル=100円が、1ドル=90円に下がること、すなわち円の価値が上がり、ドルの価値が下がることで、ドル安ということになります。
単純に100円から90円になったのだから、円が安くなったと勘違いしがちですが、そうではありません。
例えば、ある外国の品物が500ドルだったとしましょう。
1ドル=100円の場合、5000円で買えますが、1ドル=90円の場合、4000円で買えることになります。
同じ品物を安く買えるということは、品物の自体の価値が変わらないわけですから、それだけ円の価値が上がっているということになるのです。
円の価値が上がることを、「円が強くなる」「円が高くなる」ともいいます。
逆に円安とは、1ドル=100円が、1ドル=110円に上がること、すなわち円の価値が下がり、ドルの価値が上がることで、ドル高ということになります。

円高・円安になる理由

基本的に、モノの値段というものは、多く供給することが可能なモノほど安くなり、少ししか供給できないモノほど高くなるという仕組みになっています。
そのモノを欲しいと思う人がたくさんいるのに、供給が間に合わなくなればなるほど、そのモノの値段は上がって行きます。
モノの値段や価値は、需要と供給の関係で決まってくるのです。
単純に解釈すると、需要が上がれば、モノの値段も上がり
供給が上がれば、モノの値段は下がるということになります。
通貨に関しても同じことがいえます。

その国の通貨が足りなければ、その価値は上がり、余っていればその価値は下がります。
その国の通貨が足りなくなりそうであれば、先に買っておいた方が得だからと買う人が増え、結果、その国の通貨の価値が上がってゆくのです。
これが通貨高(日本の場合は円高)のしくみです。
また逆に、その国の通貨が余りそうであれば、買う人は減り、価値も下がります。
このようなしくみで、通貨高(日本の場合は円高)・通貨安(円安)が起こるのです。

外国為替の投資の種類とは

最近、外貨投資が注目されている背景には、日本の金利の低さが、影響しているようです。
同じ銀行で取り扱っている日本円と外貨の定期金利を比較してみましょう。
1年ものの定期金利(2006年6月現在)は日本円では、 0.01%〜0.05%です。
これは、銀行に日本円で100万円を預けても
、 1年間にもらえる利子はたったの100円〜500円にしかならないということを意味します。
しかし、米ドルでは、約4%前後の利子がつきます。
すなわち、米ドルで預ければ、1年間にもらえる利子が、40000円前後にもなるのです!!(手数料は省いて考えています)
米ドルに限らず、おおむね外貨預金の利率は高く、ニュージーランドドルの場合、
実に年5%以上という定期預金もあります。 なんと日本の消費税を上回る金利ではありませんか!!
この差を見逃す手はありません。
この歴然とした差ことが、近頃の外貨人気の秘密を物語っているといえるでしょう。
外貨投資には、FXをはじめ、いろな種類があります。
外貨預金、外貨MMF、外国債、外国株などなどです
それぞれに特徴がありますが、特に手数料の面で魅力的なFXに人気が集まっているようです。

FX業者ランキング

1:外為オンライン
2:フォレックス・トレード
3:GMOクリック証券
4:スター為替
5:DMM.com DMM FX
2style.net