予期せぬ出費!

その原因として多いものの一つが、“病気”。
脳梗塞や心筋梗塞等、急な疾患の治療費、
一体いくらかかるの!?


普段、健康状態が良好な時には気にしていませんが、
いざ病気になってみて、その医療費の高さにビックリすることがあります。

「保険に入っているから大丈夫」なんて考えていると、大変な事にも!
民間の保険の多くは2〜3ヶ月後に支払われるのが現実で、
場合によっては保険が適用されないケースもあります。

ではどんな病気で、どのくらいの医療費が必要なのか・・・。

・胃ガン     1,213,530円
・肺ガン     1,102,560円
・脳梗塞     1,162,070円
・糖尿病      504,600円
・急性心筋梗塞  2,178,140円
・胃潰瘍      625,860円
・胆石症      782,230円
・子宮筋腫     554,850円
・痔核       273,240円
(全日本病院協会資料より抜粋)

実際に支払うのは公的医療保険の給付があるので医療費の
3割になり、さらに一定額を越えると、『高額療養費制度』
によって、超えた分の払い戻しが受けられます。

ただ、これは病気の治療に負担する費用のみであり、
入院を伴うだけに、雑費がここに加わるのです。

下手をすれば治療費よりも高くなることもあるのです。

これでは若さを売りににして、仕事で無理をして病気にもなれませんね。

それでは、どうすればいいのか・・・。(つづく)


=======================================================

ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!




DPアフィリエイト








2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス
=======================================================
2style.net