銀河竜旅団
Please do not reproduce without prior permission.

■銀河竜旅団■

彼らは小ジャンプを繰り返しながら、この広い銀河を移動する。
出発時は大部隊だったが、現在では約半数ほどに規模が縮小されている。
気に入った惑星を見つけると一頭、また一頭と隊列を離れてゆくからだ。
こうして、彼らの種は銀河の様々な場所に散らばっていく。
はたして、最後の一頭がいきつく先はどこなのやら。


フォトショップ作成。
2004年夏藤池ひろしさん 発行のドラゴンイラスト集『Dragonizm5』提供イラスト。
ネットに載せるに当り、またまたサイズ縮小で泣く。
ちまちまと描いたうろこ状の皮膚の描き込みがほぼ消滅〜。
ああ〜(T_T)。ぜひ、実物を大きな印刷物でみて〜!!

今回の本のテーマは「宇宙」。
どういう絵にしようか悩みまくりました。
宇宙空間をのほほんとただ漂ってるだけのシードラゴンのような
竜とかも考えたんですが、結果、こうなりました。
が、ワープ空間失敗ぎみ。エフェクト苦手(T_T)。
電光とか絡ませた方が良かったかも。
照り返しは、はたして合ってるのか?(多分、間違ってる)

もっと沢山ドラゴンごちゃごちゃ描きたかったが、時間切れ。
画面外にもドラゴン沢山ワープアウトしてます、てことで。
色が5色なのもほんの少し戦隊物とか意識して(笑)。
ぜひ擬音は極太の「ゴゴゴゴ・・・」でお願いします。

戻る

2style.net