北斗の拳百裂

機種解析

解析スペック

パネル画像

メーカー:サミー
名称:ぱちんこCR北斗の拳百裂(ケンシロウ)
導入日:2011年3月
大当たり確立:1/307.7(確変中:1/30.8)
確率変動突入率:100%
確率変動継続率:32回転+4回転まで
時短:大当たり終了後、36回 or 68回 or 100回転の時短
賞球数:3&10&15
平均出玉:約1000個〜2000個

【ボーダーライン】
2.0円:回 2.5円:回 3.0円:回 3.5円:18回 4.0円:回

【ボーナス割合】
ヘソ入賞時:16R確変A⇒18.7%(時短64回) 16R確変B⇒18.7%(時短32回) 16R確変C⇒18.6%(時短無) 6R確変A ⇒31.5%(時短無) 2R確変A ⇒12.5%(時短無)
電チュー入賞時
16R確変A⇒56.0%(時短64回) 6R確変A ⇒ 6.0%(時短無) 6R確変B ⇒19.5%(時短64回) 6R確変C ⇒ 6.0%(時短32回) 2R確変B ⇒12.5%(時短64回)

【機種情報】
サミーよりミドルスペックの救世主というキャッチフレーズで『ぱちんこCR北斗の拳 百裂(ケンシロウ)』が登場した。 まだまだマックスタイプの『ぱちんこ CR北斗の拳 剛掌』が大人気で稼働中だが『ぱちんこCR北斗の拳 百裂(ケンシロウ)』は 大当り確率1/307.7、ST回数32+4回転の、ミドルスペックST機としてシリーズでは初のミドルスペックとなる

本機は『32G』がキーワードとなっており、『パチスロ蒼天の拳』で好評だった32回転をカウントする『北斗カウンター』を搭載しており、今までのパチンコ機種とは一味違った演出で打ち手を盛り上げる。 32回転がスルーしても4回転のSTにて「ラオウと出会えれば大当たり」という、初代パチスロ北斗の拳で採用された「ラオウステージ」演出など心憎い演出で楽しめる。

ST終了後の時短中も加味すると発表値でトータルループ率は75%となかんか高いスペックだ。 ボーナス割合は約600〜2000発となっており、電チュー入賞時の16R確変(約2000発)は56.0%(時短64回)とマックスタイプを凌駕するスペックとなっている。 初当たりが絵柄揃い大当たりだった場合は必ず16ラウンド大当たりとなるのも嬉しい点ではないだろうか。

【最新厳選パチンコ情報】
北斗の拳5覇者:国民的大人気機種の北斗の券5
パチンコ浜崎あゆみ物語 -序章-:国民的歌手がぱちんこになりました。
パチンコ 哭きの竜天運:元祖麻雀漫画がぱちんこに。

ゲームフロー

解析スペック

スロット北斗の拳から生まれた32Gの興奮がパチンコ/ぱちんこ北斗の拳百烈でも存分に味わうことができる。 通常時から突入する可能性がある新モード『救世主モード』では予告演出が頻発するほど期待度アップ! すべての大当たり後に突入する『乱世モード』では高速右打ち消化。『乱世モード』の期待継続度は70%。 引き戻しゾーンの『伝承者モード』も合わせると期待継続度75%まで跳ね上がる。

ワンポイント攻略

パチンコ『北斗の拳百裂』はST機なので確立変動を引いても36回転内に当たりを引けなければ通常に戻ることになる。確立変動中の確率は1/30.8なので10連以上は期待薄である。確立変動期待率は69.5パーセントと他のミドルスペックと比べても同程度のスペックであり、リターン率はどうしてもマックスタイプの『ぱちんこ CR北斗の拳 剛掌』より劣るため、過度の投資は回収不能となる。

釘調整もアタッカー周りと右スルーが大きくマイナス調整にされているとボーダーラインが高くなるので注意が必要である。


お得な情報を掲載しておきます。

7日間で収支がプラスにならなかった場合は完全返金付き!

パチンコで収支がプラスになっていな人にオススメしたいです。

※ここだけの話ですが、返金前提で購入するのもありかと・・・・。実質無料ですよね?
2style.net