先史狩人時代
〔小集住期〕
旧暦前2000〜1000年頃
 ●ラライの民レフィエールの継承者(以下、R)誕生【レフィエールにまつわる説話1
  ・竜の力を持つ民族【竜へと姿を変える者
  ・調和主義的生活V.S.自然支配的生活 竜を狩り、天馬の所持が秩序とされた
  ・西の海のエルフ達の間ではムーシオスの芸術祭典がこの頃から開かれていた

大集住期
〔大都市の出現〕
旧暦前274年頃
 ●リリエ・R、己の力を封じる(4つ)【レフィエールにまつわる説話2
  ・都市国家の誕生

古代文明前期
〔月を年の基とする〕
旧シルダ歴1年

旧シルダ歴41年

旧シルダ歴324年

旧シルダ歴468年

☆シルディアナ・プレナ(王政前期)開始

 ●アズベルダ・Rが竜の力を秘石として再取得【レフィエールにまつわる説話3

 ●レフィエール家に双子誕生、争いが起こる

 ●エレフィリック・Rによる、力の分割と和解【レフィエールにまつわる説話4

古代文明後期
〔太陽を年の基とする〕

大陸中心地のシルディアナで月が見えなくなっていた
(新歴247年から再び見えるようになる)
旧歴997年/
新シルダ歴1年



新シルダ歴56年

新シルダ歴146年

新シルダ歴247年




新シルダ歴901年
 ●アミリア・シルダ・R、竜の力統合と吸収
☆エーランザ・シルダによるシルディアナ・アルカ(王政後期)開始
  ・このころコボルティアーナ族の冒険が盛んになったか【コボルティアーナ族に伝わる民謡

 ○グレーグ・タウネ、大陸各地に突如出現した闇穴を塞ぐ

 ●エンベリク・ヒューロア、炎の異形を倒す【ヒューロア・ラライナにまつわる伝承

 ●トレアン・R、人間と決裂、竜族と決裂【当時のラライ】【伝わりし謳
  ・ヒュムノドラゴンの存在の認知



 ●エリアティーク・R、人間が原因で死去
中世 新シルダ歴912年

新シルダ歴917年

新シルダ歴941年



新シルダ歴1000年頃

☆シルディアナ・プレブリア(民主政)開始

 ●エリアティークの息子ルキウス・ラッシュル・R、竜族と和解

 ●ルキウスの娘ステラ・L・R、人間と和解
  ・ツェン・Lと結婚(946)


  ・北港シヴォンが力を持ち始める
  ・北部中心に手工業からの脱却が始まる
近世
新シルダ歴1067年




新シルダ歴1150年


新シルダ歴1166年

新シルダ歴1180年

☆シルディアナ・インペラウス(帝政)開始
  ・シルディアナで女鍛冶師の手により覇王の剣ケイラト・ドラゴニアが製作される
  ・王国、共和国、帝国の概念がはっきりと生まれる
  ・領域国家の誕生と戦争の増加

 ○魔石動力源の発明と産業、経済、動力三大革命
  ・サヴォラ(小型飛行機)の発明など

 ●メルトロニアス・ノース・ミーアンの航海と冒険

 ○アルジョスタ・プレナがシルディアナ帝国内で大反乱をおこす
近代

バルキーズ、サントレキア共通の暦は新シルダ歴をベースとしている
新歴1180/
統一グラマスカ歴
1180(1)年


統一歴1191(12)年

統一歴1192(13)年


統一歴1211(32)年

統一歴1213(34)年


統一歴1217(38)年


☆シルディアナ・カルプレブリア(第二民主政)開始
 ●覇王の剣ケイラト=ドラゴニアの破壊


 ○バルキーズ大陸横断鉄道の完成

 〇エルフィネレリア、シルディアナ、シヴォン、ケールンなど10カ国が平和条約を締結、大陸法が制定される

 ○空間立体映像技術の完成

 ○操物質性術士組合の結成とそれに伴う職種の割り当て、整理がバルキーズ、サントレキア全土で行われる(大陸法)

 ○トラヴァルセス社が大陸横断鉄道を買収
  ・実力主義と規律重視










バルキーズ大陸およびサントレキア小大陸、フライアスヘヴン諸島の人型民族について

統一歴1200年代の現在、確認されている種族をここに記しておく。

 ・人間(混血含)

一般的なヒュムナ。地域によって言語、肌の色、髪の色、目の色が違ったりする。以下に挙げる種族の血が混ざり合って一見そのルーツがわからない者のことも差す。生息域はバルキーズ、サントレキアに広く分布。

 ・エルフ
 (イェーリュフ)

寿命はなく、尖った耳に、属性とは関係のない魔力を有する。身体能力が非常に高い。バルキーズ大陸西部にエルフィネレリアという固有の共和国家を持つ。指導者は女性、ゼイア。

 ・ハルフエルフ
 (ハルフイェーリュフ)

エルフと他種族の相の子。人間の約4倍の寿命を持つ。エルフに関係のある土地に数が多い。サントレキア小大陸南部に位置するトレキア王国の支配者は新シルダ歴300年以降、その地に生を受けたハルフエルフの子孫である。

 ・犬人族

犬の耳と尻尾をその体に有する。すばしこく、嗅覚、聴覚がするどい。稀に他の動物の特徴を持った者も生まれてくる。バルキーズ大陸の東部鉱山地帯に固有の僭主国家、ケールンがある。

 ・飛天人

総じて、背に虹色光沢のある白い翼を持つ。人間の約2倍の寿命を持つ。フライアスヘヴン諸島にしかおらず、翼の形態ごとに部族が分かれ集団社会を形成し、宝石の名にちなんだ階級を与えられた者が守護者として秩序を保つ。

 ・ラライーナ

伝説のドラゴンの血を受け継ぐ、黒髪に鳶色の目の種族。頑健。古代文明前期までは多彩色の目であった。ラライの聖域には代々の継承者の霊魂が未だ消滅せずに存在している。

 ・竜人族

ヒュムノドラゴンの血を受け継ぐ。黒髪に黒目、肌には時々鱗が残り、背に黒い竜翼を有する。バルキーズ大陸中央に位置するシルディアナにおいて、騎士身分として長らく活躍してきた。

 ・ヒュムノドラゴン

ドラゴンと人間、両方の姿をとることの出来る希少な種族。卵から生まれる。最初に確認されたのは新シルダ歴246年(旅のエルフの記述より)に、黒髪黒目の女性の姿を取る、漆黒の目に黒い鱗のドラゴンだった。名前をシラクサ・ギレークといい、彼女がシルディアナにおいて誕生した竜騎士の先祖である。












バルキーズ大陸およびサントレキア小大陸、フライアスヘヴン諸島地図
此方は新シルダ歴900年代、およそエリアティーク存命時の地図となっている。














2style.net