あたしはあの子とは違うのよって、いってやりたかった。


でも、できなかった、



少し違うと感じてはいても、あなたは偽物の"あたし"に優しくしてくれたから。



きっとわたしは、あなたが好きになる

2style.net